古美術良
古美術良TOP > 食事を愉しむ器 > 古い色備前焼の南天文せんべい皿五客

古い色備前焼の南天文せんべい皿五客

江戸後期~明治期に造られたせんべい皿です。

江戸後期になると備前焼は型物の生産が盛んになりました。

このお皿は釉薬で吉祥のモチーフである南天の実が描かれています。

南天は「難転」と読み方が一緒の為、昔から「難を転じて福となす」という縁起ものとして親しまれてきました。

ちょっとしたお酒のアテや薬味入れにちょうど良いと思います。

五客セットになります。

サイズ 幅9㎝ 高さ1㎝
備考 小さなアタリ箇所があります。
発送サイズ 佐川急便元払い60サイズ