古美術良
古美術良TOP > 食事を愉しむ器 > 木地刳貫鳥秋草蒔絵鉢 江戸期頃

木地刳貫鳥秋草蒔絵鉢 江戸期頃

鳥と秋草が蒔絵で施された鉢になります。

一つの木の塊を刳り貫いて造っているのでどっしりとした迫力があります。

見込みには鳥と秋草が金と銀の蒔絵で施されており木の木目と相まってなんとも侘びた魅力があります。

画像のようにドライフラワーを飾って木の味を楽しんだりしても良し。

ただ立て掛けておくだけでも木と蒔絵が両方楽しめます。

これからの秋に向けてインテリアにいかがでしょうか?

サイズ 口径23.4㎝ 高さ6㎝ 底径10.7×9.7㎝
備考 時代に伴う風合いがあります。
発送サイズ 佐川急便80サイズ